台風20号が日本列島に接近!今後のルートは?いつごろ上陸?

自然

こんにちは!ヨシオです!

先日日本各地に甚大な被害をもたらした台風15号、19号が過ぎ去って間もないにも関わらず、現在台風20号が発生し、日本列島に近づいています!

15号や19号の教訓を活かし、被害を最小限に抑えられるよう事前に台風20号について調査してみました!

スポンサーリンク

台風20号はいつごろ上陸?

10月19日(土曜日)現在、台風20号は沖縄県の南を北上中です!

現在の予報ですと、明日20日(日曜日)から21日(月曜日)にかけて沖縄県本島に接近する予想となっています!

ちなみに台風20号の名称は、「ノグリー」です!

韓国語で「たぬき」という意味のようです!

15号や19号の傷が癒えないうちでの再度台風情報で皆さん不安な気持ちでいっぱいですよね!

季節的に台風が発生しやすい時期ではありますが、今のところ今年は勢力が強い台風が多いイメージがありますね!

台風は自然現象ですので我々人間に今できる事は少なく、備える事が何より重要です!

とにかく今は被害が出ない事を祈るばかりです!

台風20号の今後のルートは?

現段階での今後のルート予想を見ると、日本列島の南側を沿うように北東に進んで行くルートのようです!

22日(火曜日)には、本州南海上で温帯低気圧に変わる見込みとなっています!

温帯低気圧に変わると聞くともう安心した気がしてしまいますが、温帯低気圧に変わった後に再度発達し、強い風や雨を降らせる場合もあるそうです!

台風は温かい海面の水蒸気が水滴に変わる時の熱をエネルギーとしているのに対し、温帯低気圧は温かい空気と冷たい空気が上下で入れ替わることで発生する運動がエネルギーになっているようです!

日本にはこの温かい空気と冷たい空気が存在しているため、低気圧として再度発達する環境が整っているようです!

確かに過去日本は、台風意外の大雨で被害を受けた事が何度もありますよね!

なので決して台風が温帯低気圧に変わったからと言って安心してしまうのは早いのかもしれません!

台風20号の勢力はどれくらい?台風19号と比較!

台風19号の勢力

台風19号の静岡県伊豆半島に上陸する直前の勢力は、

中心気圧:945 hPa

最大風速:45 m/s

瞬間最大風速:60 m/s

でした!

ちはみに、中心気圧 hPa(ヘクトパスカル)についてですが、台風は気圧が小さい方が勢力が強い台風と言えるそうです!

945 hPaは「強い」台風に分類されます!

風速の単位、m/sは、1秒間に何m進むかという単位になります!

なので風速は、数字が大きければ大きい程風が強いと言えます!

台風20号の勢力

台風20号の10月19日(土曜日) 18:00現在の勢力は、

中心気圧:990 hPa

最大風速:30 m/s

瞬間最大風速:40 m/s

とのことです!

990 hPaは「弱い」台風に分類されます!

数字だけ見ると、現段階では台風19号よりは勢力が弱い事がわかります!

ですが台風19号はあれだけ日本各地に被害をもたらした台風なので、19号より弱いからと言って被害が出ないとは決して言い切れません!

そしてあくまで現段階でのデータですので、今後大きく状況が変わる事もありますのでご注意ください!

まとめ

今回は現在日本に接近中の台風20号の現在の情報をまとめてみました!

  • 20日(日曜日)から21日(月曜日)にかけて沖縄県本島に接近する予想
  • 日本列島の南側を沿うように北東に進んで行き、22日(火曜日)には温帯低気圧に変わる予想
  • 現段階でのデータでは台風19号よりは勢力が弱め

いかがでしたでしょうか!

今回は現段階での台風20号の情報をまとめてみました!

事前に情報を知っているのと知らないのでは大きな差があると思いますので参考にしてみてください!

そして今後大きく状況が変わる事もありますので、最新情報に注意してください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました