宇宙好きが教える誰にでも買えてしまう月の土地の買い方と値段!

雑記

こんにちは!ヨシオです!

突然ですが、皆さん「月」って誰の物か考えた事ありますか?

きっとそんな事考えた事ないって方が大半だと思います!

私も考えた事ありませんでした!

スポンサーリンク

月の土地が売りに出されるようになった経緯

昔、アメリカ人のデニス・ホープさんと言う方がこの疑問を持ち、法律をめちゃくちゃ調べたらしいです!

そんな壮大な疑問を持つのもすごいですが、法律まで調べてしまうなんてすごい行動力ですよね!

デニス・ホープさんが調べたところ、1967年に発効された、「宇宙条約」なる物があるらしいです!

その中で天体や宇宙空間は、国家が領有権の主張をする事は禁止されていたそうです!

ですが個人が領有権を主張するのは禁止されていなかったそうです!

それに目を付けたデニス・ホープさんは、なんと月の権利主張を行い、会社を立ち上げ、月の土地販売を始めたのです!

「地球外不動産業」と言うらしいです!

すごいビジネスセンスですよね!

実際めちゃくちゃ儲かっているみたいです!

月の土地だけで言ったら原価¥0ですからね!

そりゃ売れたら儲かりますよね!

月の土地はどうすれば買えるのか

24時間インターネットで販売しています!

クレジットカードで買えてしまいます!

これを聞くと夢があるのかないのかよくわかりませんね!

デニス・ホープさんが立ち上げた会社、「ルナエンバシー」の日本代理店、「ルナエンバシージャパン」のサイトで購入できます!

ちょっと不思議に感じますが、冷静に考えると月の土地が24時間インターネットで誰でも手軽に買えるってすごい事ですよね!

月の土地はいくらくらいで買えるのか

1エーカー¥2,700(税込)で買えます!

エーカーと言う単位はあまり馴染みがありませんが、1エーカー=サッカーグラウンド1面分ほどだそうです!

めちゃくちゃ安くないですか!?

購入すると、購入した土地が記された月の地図付き土地権利書、土地所有権の宣言書コピー等がオリジナル封筒付きで届きます!

さらに月の土地所有者の証、「ムーンオーナーシップカード」付きのセット、土地権利書を入れられる「オリジナルファイル」付きのセット等も販売しています!

カード、ファイルが両方付いてくるセットを購入しても¥7,320(税込)で買えます!

これを安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれだと思いますが、私はこんな夢と希望のある商品が1万円以下で買えるなんてめちゃくちゃ安いと思います!

もしかしたら近い将来技術が発達し、宇宙開発が進み、月に行ったり住んだりするのが当たり前の時代がやって来るかもしれません!

そうしたらきっと月には様々な設備や建物が建つはずなので、アメリカやNASAの人から急に連絡が来て、「あなたの所有している月の土地を1億ドルで売ってください!」なんて可能性もゼロではないと思うんですよね!

そんな夢と希望を抱いた私は、月の土地が販売している事を知った時、その日のうちに買ってしまいました!

この話を知った皆さんも月の土地欲しくなってこないですか!?

なんと他の惑星の土地も売ってたりします

火星や金星の土地も売ってたりします

なんとこの会社、過去には火星や金星の土地も販売していたようです!

残念ながら現在は販売を休止していますが!

火星や金星の土地の分譲が再開する事があれば購入してみたいと思います!

他の惑星の土地も売っていそう

他の惑星の土地も販売できるなら全部の惑星の土地を販売してしまえばいいじゃないかと思うかもしれません!

しかしそこはちゃんと考えがあるらしく、木星、土星、天王星に関しては、表面がガスに覆われていて、地面が見えないので土地を分配する事ができないと言う理由で販売する予定はないそうです!

他の星に関しても何かしら販売できない理由があるのかもしれませんね。

また新たな星の土地販売が始まったら購入してみたいと思います!

まとめ

今回は月の土地が売りに出された経緯、買い方や値段等をまとめてみました!

  • デニス・ホープさんのビジネスセンスで「地球外不動産業」が始まった
  • 月の土地は24時間インターネットで1エーカー¥2,700(税込)で買える
  • 火星や金星の土地も過去には販売していた

月の土地は誰でも簡単に購入できますので、皆さんも興味があれば是非購入してみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました