エンペラーウェザーとは?意味は?きっかけは?過去の天皇は?

話題

こんにちは!ヨシオです!

2019年10月22日に即位礼正殿の儀が行われたましたが、その影響からか、「エンペラーウェザー」という言葉がネットやツイッターで話題になっています!

今回はその話題になっているエンペラーウェザーについて調べてみました!

スポンサーリンク

エンペラーウェザーとは?

エンペラーウェザーの意味は?

エンペラーウェザーとは、「天皇晴れ」という意味のようです!

天皇がもたらした「晴れ」をこのように称して言った言葉のようです!

ツイッターでは、「天皇陛下にしか使えないスキル」「かっこ良すぎる」等のツイートが相次ぎ大変話題になっています!

「ジョジョのスタンドっぽい」という面白い意見もありました!

エンペラーウェザーが話題になったきっかけは?

2019年10月22日に行われた即位礼正殿の儀は残念ながら「雨」でのスタートとなりました!

ところが、13時頃に都内では雨が弱まり、青空も見え始め、場所によっては「虹」が出ていたようで非常に神秘的な状況になっていたそうです!

それを見たNHKの中継で解説役を務めていた京都産業大学准教授の久禮旦雄(くれあさお)氏が、
「エンペラーウェザー」という言葉を使って解説し、その言葉がネットやツイッターで話題となったようです!

 

スポンサーリンク

過去の天皇はどうだったのか?

エンペラーウェザーという言葉を聞くとそれだったら過去の天皇もエンペラーウェザーの持ち主だったのか気になりますよね!

そもそもエンペラーウェザーという言葉が生まれるきっかけになったのは、天皇陛下の祖父にあたる昭和天皇の数々の晴れ男伝説からだそうです!

1964年の東京オリンピックでは、前日まで3日連続で雨であったのに昭和天皇が出席した開会式では晴れ!

1972年の札幌冬季オリンピックでも、前日は雪だったが、昭和天皇が出席した開会式は晴れ!

1971年の訪欧、1975年の訪米でも行く先々で晴れ、移動中には季節的にも珍しいオーロラと遭遇!

等の晴れ男伝説を持っている方だったようです!

こちらははっきりはしていないのですが、明治天皇の時も即位の礼の直前に晴れたという情報があるそうです!

まとめ

今回は話題になっているエンペラーウェザーについてまとめてみました!

  • エンペラーウェザーとは、「天皇晴れ」という意味で、天皇がもたらした「晴れ」を称して言った言葉
  • エンペラーウェザーが話題になったきっかけは、解説中の久禮旦雄(くれあさお)氏がエンペラーウェザーという言葉を使って解説したから
  • そもそもエンペラーウェザーという言葉は昭和天皇の晴れ男伝説から生まれた
  • 明治天皇が即位された際も晴れだったという情報もある

いかがでしたでしょうか!

エンペラーウェザーという言葉自体がかっこいいですし、過去もそうですが、今回も即位礼正殿の儀が晴れ、虹も出たという事でエンペラーウェザーの伝説はきっと本物ですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました