車好きの元電車の運転士が感じた電車と車の運転の違い3つ!

雑記

こんにちは!ヨシオです!

私は車好きなのですが、訳合って電車の運転士をしていた事がありました!

人生て不思議ですよね!まさか車が好きで車関係の仕事をしていた自分が、電車を運転する事になるとは夢にも思いませんでした!

電車を運転される方は少ないと思いますので、今回は私が電車を運転した時に感じた車の運転との違い3つをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

1. 電車は車よりもっと急には止まれない

当然の事なのですが、電車を運転した時に改めて実感しました!

電車ってやっぱ半端なく重いんですよ!乗ってるお客さんの人数にもよりますが。

なので車と比べると加速もめちゃくちゃ遅いです!当然減速もめちゃくちゃ遅いです!

電車を見れば車よりあんなに大きいのだから当然ですよね!

あの大きさで車と同じ加速、減速をしたら乗っているお客さんピンボール状態になっちゃいますよね!

その事をあまり認識していなかった私は、初めて電車を運転した時、詳しくは言えませんが、盛大にやらかしました!

まあ失敗は成功の元ですから!反省を繰り返してしてちゃんと運転士になれましたよ!

なので私が電車の運転で一番難しいと思うところは止まる事ですね!

ちゃんと停止位置が決まっていてそこからプラスマイナス何cm以内みたいなのが決まってるんです!

そこにビタッと止めるのが難しいです!

まあ今は色んな技術があり、自動で止まってくれる機能もあったりしますが、免許を取る時はそんな便利機能使えません!

2. 電車の運転はなんとも言えない緊張感

こんなに沢山の方の命を預かる

やっぱり人が乗れば乗るほどその責任感は増します!

人が多いとその分電車が重くなるので運転自体も難しくなって余裕がなくなるみたいなのもありますね!

車だったら一緒に乗る人って大体知ってる人じゃないですか!

そして車にもよりますが、乗って最大でも7~8人くらいじゃないですか!

電車は全く知らない人達が何百人と乗ってくるんですね!まあ当然の事ですが!

やっぱりなんとも言えない変な緊張感ありますよね!

トラブルが起きたら対応できるのか

一番はこれかもしれません!

もちろん電車も機械なので故障する事があります!

自然災害や迷惑行為等で電車が動けなくなる事もあります!

もしそのようなトラブルが発生した時、

「故障した電車を動かすための処置がしっかりできるのだろうか。」

「お客様を無事に避難させる事ができるのだろうか。」

という緊張感があります。

もちろん様々な訓練を日々行っており、何が起きても対処できるような体制はできておりますが!

やっぱりもし発生したらと考えると身構えてしまう感じですよね!

3. 電車は自分のペースで走れない

車は基本的に自分の好きなように走れますよね!

急ぎたい時は急いで、疲れたら休憩してみたいな感じで!

でも電車は一切自分の思いを込めたペースで運転ができないんです!

聞いた事があると思いますが、「ダイヤ」と呼ばれる物が存在し、

「何時何分にここを出発」、「何時何分にここに到着」、「ここは時速何kmで走りなさい」

てな感じで大体全て決まっているんです。

なので、疲れたから休憩しようとか、駅で出発が遅れたからスピードをちょっと上げようとかできないんですね!

過去に遅れを取り戻そうとスピードを上げて重大な事故を起こした電車がありましたよね!

そんな事があったからペースを上げる事が基本できなくなってるんです!

でも遅れたらクレームが来ます!だから難しいんです!

まとめ

あくまでも私の体験談と意見ですがこのようにまとめてみました!

  • 電車はもっと急には止まれない
  • なんとも言えない緊張感がある
  • 自分のペースで走ることができない

簡単に言うと車より電車の運転の方がはるかに難しく感じます!

なので電車の運転士になられる方は様々な訓練、勉強、努力をしています!

日々何気なく乗っている電車ですが、この記事を見て少しでも何かを感じていただければ幸いです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました