元車関係の仕事をしていた鉄道会社の人間が感じた電車と車の驚きの違い3つ!

雑記

こんにちは!ヨシオです!

私は元々車が好きで、車関係の仕事をしていたんですが、訳あって今は鉄道関係の仕事をしています!

当たり前の事ですが、車と電車って全然違うんですね!

鉄道関係の仕事をするようになってからはその違いを日々感じています!

今回はそんな私が車と電車両方に関わって感じた、車と電車の違い3つを紹介して行きたいと思います!

スポンサーリンク

構造を知って驚いた作り方の違い

一番驚いたのはこれかもしれません!

車って本当に細かくてこの部品をここにこんなふうに付けなさいよっていうのが全部図面に指示されてるんですね!

だから変な話その図面を全部見れば誰でも同じような性能や品質で同じ車ができあがるんですね!

それに比べて電車はめちゃくちゃ作りが雑なんですよね!

大雑把にこの部品はここらへんに付けなさいよって図面はあるんですけど、基本は職人さんが大体で部品を取り付けちゃうんですね!

だから時には部品が干渉とかして付かないってこともあって、そんな時は加工とかして無理矢理付けちゃったりするんですよ!

なので同じ系式の電車なのに全然構造とか性能が違うって事がよくあります!

電車の運転士をしていた事もあったので、運転すると同じ系式なのに動きが全然違って驚くんですよね!

まあ完成してからこれでもかってくらい試験して問題ない事を確認してからお客さんを乗せるので、安全上は全く問題ないので安心してください!

走るために行っている制御の複雑さの違い

これも日々痛感してますけど、全然違うんですよね!

車も確かに日々色んな技術や機能が出てきて制御が複雑にはなっているんですけど、電車の制御は比べ物のならないほど本当に複雑です!

車業界にいた時でさえ理解に苦しんで頭を抱えていたのに、電車業界に来てみたらもう比べ物にならないんですよ!

あんまりイメージしてなかったんですけど、電車って自分だけで走ってる訳じゃなくて、管理してる所と通信したりとか各駅と通信してたりとかでとにかく色んな制御をしてるんですよね!

しかもその通信しなきゃいけない量が半端ないのでそりゃ複雑にもなりますよ!

車も確かにすごいんですけど、電車の制御方式を考えた人って本当に天才だと思いますよ!

維持して行くための大変さが全然違う

掃除や洗車の違い

車って毎日中を掃除したり洗車したりしないですよね!

中にはやる人とかやる会社もあるかもしれませんが!

基本は毎日しないじゃないですか!

私は車の洗車なんて3ヶ月に一回くらいしかしないですよ!

車内は汚れてたらって感じですかね!

電車は毎日お客さん乗るので、基本毎日掃除してるんですよ!

しかも色んな物撒かれたりするので掃除がめちゃくちゃ大変な時があります!

まあ大体の鉄道会社は清掃業者を雇って清掃してもらってますが!

洗車も会社にもよりますが、週一以上はしています!

車とは比べ物にならないくらいの大きさなので大変さも比べ物になりません!

整備や点検の違い

車は法的に点検が義務付けられてるのって基本2年毎の「車検」があるくらいですよね!

だから何もなければ大変なのって2年に一回じゃないですか!

電車は法的に色んな点検が義務付けられてるんですけど、まず日常点検ですね!

鉄道会社にもよりますが、3日から10日に1回ペースでまず点検が義務付けられてます!

車に置き換えると大変ですよね!

あとは月一回とか何年に一回とか、日常点検よりも細かい所まで調べるような点検もいっぱいあります!

ちょっとした違和感とかも必ず何かしらの整備はしますし、とにかく車と比べると点検整備が大変です!

まとめ

今回は車と電車の違いを私なりにこのようにまとめてみました!

  • 作る時の作業方法や考え方が全然違う
  • 行っている制御の量とか複雑さが全然違う
  • 維持して行くための掃除とか点検の大変さが全然違う

よく考えてみると当たり前ですけどこのような結果になりました!

物の違いって考えてみると結構色んな事が違って面白いですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました