天叢雲剣,あめのむらくものつるぎで雨が降る?逸話や意味は?

話題

こんにちは!ヨシオです!

2019年10月22日に即位礼正殿の儀が行われました!

その即位礼正殿で登場した天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)について調べてみました!

スポンサーリンク

天叢雲剣とは?

天叢雲剣の逸話

天叢雲剣とは別名、草薙剣(くさなぎのつるぎ)とも呼ばれ、八咫鏡(やたのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)に並ぶ三種の神器の一つです!

日本神話で、スサノオが出雲国でヤマタノオロチ(八岐大蛇)を倒した時に、ヤマタノオロチのしっぽから生まれた神剣との逸話があります!

また、天空に群れ雲を発生させる剣であり、この剣を使用する時は雨が降っているとの言い伝えもあります!

天叢雲剣を使う意味とは?

2019年10月22日に即位礼正殿では、高御座に三種の神器のうち、天叢雲剣と八尺瓊勾玉が置かれたそうです!

その他にも置かれた物もあるようですが、こちらは全て即位礼正殿の儀で新天皇陛下に引き継がれるという意味があるそうです!

どうやら実際に剣を使って何かをするという事はないようで、それどころか直接目にすることを禁じられており、天皇陛下でさえ見たことがないそうです!

そして即位礼正殿の儀で用いられる天叢雲剣は形式上の物を使用するらしく、実物は名古屋にある熱田神宮に祀られています!

使った時は本当に雨が降っている?

これまでの天叢雲剣が使用された、新元号初日の天気を調べてみると、

大正元年初日:雨
昭和元年初日:晴れ(北風が強く厳しい寒さ)
平成元年初日:雨
令和元年初日:雨

大正からのデータだと3/4が雨ですね!

しかも唯一晴れだった昭和元年初日も晴れてはいるが北風が強く厳しい寒さだったそうで、決して良い天候とは言えなかったそうです!

このデータを見ると言い伝え通りと言ってもおかしくないのではないでしょうか!

まとめ

今回は2019年10月22日に即位礼正殿の儀で登場した天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)について調べてまとめてみました!

  • 天叢雲剣は三種の神器の一つで、逸話ではヤマタノオロチのしっぽから生まれた神剣
  • 天叢雲剣は天空に群れ雲を発生させる剣で、使用する時は雨が降っているとの言い伝えがある
  • 即位礼正殿の儀で新天皇陛下に引き継がれる
  • 過去から今回の天叢雲剣が使用された時にはほぼ言い伝え通り雨が降っている

という事がわかりました!

言い伝えってすごいですね!

この事を知って即位礼正殿の儀を考えるとまた違った興味深さが生まれますね!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました